BLUEDOT格安SIMフリースマホ「BNP-500K」使用一ヶ月レビュー

5月にBLUEDOT BNP-500Kを購入し、メイン機として使用し一ヶ月強になるので使用感をまとめたいと思います。

なお、7/2現在公式ストアでは12980円ですが、定期的にセールをやっていて、自分は公式ストアで9980円で買いましたし、8800円だった時期も多いですのでちょっと待てばまた安くなると思います。

先にまとめ

  • 最近のゲームを1本でもやる人には向かない
  • ゲーム以外でもアプリを大量に入れたい人には向かない
  • Web、Twitter、LINEなどしかしないライトユーザーにはコスパ最高
  • 低価格でHD(1280x720)液晶の満足度は高い

ROM容量が少ない

まずとにかくこの機種のネックはこのROM容量の少なさでしょう。これが問題ないと思える人のみ買ったほうが良いと思います。
ROM4GBのうちアプリ保存用に使えるパーティションが約1.5GB。これはかなり少ないです。
SDカードには対応していますが、いくらSDカードがあろうと、ゲーム等の事後的にDLする追加データはSDカードに移せない仕様のものが多いため、そういったゲームをやる人には向いていません。

例えばスクフェスはプレイ開始一週間の現時点で796MBがSDに移せないデータとして存在します。スクフェス(ラブライブのゲーム)を入れたらもう他のアプリは殆ど入れられません。
(スクショ)
f:id:gyakubari:20150703175133p:plain:w360
この画像の「アプリ」と「データ」の部分の約800MBはSDカードへ移せません。これはAndroid4.4.2の仕様のようです。

液晶について

1280x720のHD液晶の満足度は高いです。
自分が調べた限り一万円前後の低価格機種でHD液晶を備えているのはこの機種だけで、そこが購入の決め手になりました。
ですがその分(スペックに対して解像度が高い分)応答精度が多少遅いという説もあります。確かにスワイプしたつもりがタップにばけて誤操作、ということがそこそこあるように感じます。しかし乗り換え前がiPhone4だったので、低価格Androidはこんなものなのかもしれませんし、慣れればそこまで悪くありません。

スペックは日常使用には充分

スペックはWebやTwitterやLINEをやる程度の日常使用には全く問題ありません。
乗り換える前の機種がiPhone4(iOS7を入れたらLINEを起動するのに1分くらいかかるようになった)だったため、非常に快適です。

きな臭い話も

6/19頃、通知バーに風車のようなアイコンで「CleanMaster」という通知が来て、クリックするとよくわからないURLから謎のapkをダウンロードしようとする、ということが複数回ありました。
通知を長押しして発行元を見ると「システムアップデート」とあります。 2chのスレにも同時多発的に報告があがっており、スクショ付きのレスもあります。
(自分がアクセスしたドメインもこのスクショのドメインと同じでした)
また後日、自分は来ていませんがCleanMasterとは別のタイトルで同じような挙動の通知が来たという報告もスレにあがっています。
自分は日本でも有名なアプリしかインストールしていなかったですし、2chの同時多発的な報告を見るにも、外部のアプリが悪さをしているという可能性は低いのではないかと思います。
もしBLUEDOT社が自発的に行っているのだとしたら、スパムまがいで正直残念な話です。

SIMはBIC SIMで運用

BIC SIM(中身的にはIIJmio)の通話機能付きSIMみおふぉんを使用していて、特に問題ありません。 三大キャリアより月々の料金が4000円近く安くなるのはやはり魅力的です。


といった感じです。 アプリをあまり入れないライトユーザーで、3大キャリアからとりあえずSIMフリーに乗り換えたいという人の繋ぎにはとても良い機種なのではないでしょうか。後悔しても1万円なので、3大キャリアとの価格差を考えれば数ヶ月で元が取れます。
ゲームを沢山やりたい人が買うとROM容量の少なさに絶望すると思います。